話題のネタ

iPhoneXPlusに防水機能はある?デザインや新機能などの変更点は?

投稿日:

昨今のスマホの機能はますます便利になり、スマホが手放せない時代となりました。

 

その機能の充実は一日と言わず、1分、1秒ごとに高まっている気がします。

 

世代でない人には実に難しく、逆に不便だと感じさせることもあるかもしれません。

 

この度、iPhoneXの進化形、iPhoneXPlusが満を持して発売されます。

より便利になり、機能も最新版となります。

 

新機能はどんなもので、防水機能は変わらずあるのか?

見栄えが気になるけど、デザインはカッコよくて使いやすいのか?

などの変更点について調べていきます。

スポンサーリンク

スペックはどうなる?

 

今現在のiPhoneの最新版は、2017年9月発売「iPhone8」「iPhone8Plus]

11月発売「iPhoneX」

の3種類となっています。

 

その更に上を行く「iPhoneXPlus」が発売されるのは、時代に敏感な人ならもうチェックしているかと思います。

 

「iPhone8」と「iPhone8Plus」は、機能に関しても、あまり変化がなかったのに比べ「iPhoneX」は、

Face ID、有機EL、全面ディスプレイ

といった機能が加わり、大変便利になりました。

 

 

そして2018年、それ以上の便利さや使いやすさを求めて、「iPhoneXPlus」が登場します。

 

 

「iPhoneXPlus」になると、スペックはどう違ってくるのか?

大きな違いは、大画面になること。

 

ディスプレイ・・・iPhoneXPlus(6.5インチ)

・・・iPhoneX(5.8インチ)

 

大きくなるので電池容量も、

・・・iPhoneXPlus(3200~mAh)

・・・iPhoneX(2716~mAh)

となります。

 

iPhoneXPlusとiPhoneXの違いは、大きさのみの変更になると言われています。

 

今回iPhoneXPlusのディスプレイが6.4インチとなると、iPhone史上として最大の大きさになります。

iPad mini 4 が7.9インチですから、スマホでたった1.4インチだけの差になります。

 

しかも、iPadよりも本体の寸法は小さいけれど、ディスプレイ自体は大きく感じることが出来ます。

ですが、デメリットとしては、大きすぎて通話の時に使いにくいという点。

 

今後、大画面というニーズは増えていくと予想されています。

その理由は、

・動画や写真が見やすくなる

・ウェブサイトが見やすくなる

ということです。

 

経験上、iPhoneの場合のPlusモデルは、デュアルカメラを搭載して、見るからにして性能が良く感じられます。

ですから、iPhoneでPlusモデルを選ぶ人は多いです。

 

スポンサーリンク

防水機能はある?

防水機能は・・・iPhoneXPlus(1P67)

・・・iPhoneX(1P67)

と同じですので、iPhoneXの方で説明していきます。

 

防水性能がIPx7となっていますが、これは、

「30分に水深1mに水没しても内部に浸透しない」

という意味です。

 

じゃあ、お風呂に持ち込んでも大丈夫?

 

気を付けていただきたいのは、お風呂は水ではなくお湯だということ。

だからお風呂の持ち込みはNGです。

 

更にお風呂場では湯気や蒸気が発生しますので、それが水分となって本体に入り込んでしまうこともNG理由です。

 

じゃあ、プールではどう?

プールは水だから大丈夫じゃない?

 

プールの水は塩素などが含まれていて、浸透圧に差があるので、プールでもNGです。

雨にちょっと濡れるとか、ある程度の防水機能はありますが、お風呂やプールなどがっつりなのはNGとうことです。

 

実は、iPhoneを発売しているdocomo、au、ソフトバンクは、水没により故障した場合は、保証対象外と言われています。

高いお金を出して、分割にしている人もいますので、防水にも限度がありますので、気を付けましょう。

 

新機能はある?

 

iPhoneXPlusでは新機能はあるのでしょうか?

その前に、iPhoneXでの機能をおさらいしてみましょう。

 

iPhoneXでは有機ELディスプレイが、iPhoneに相応しい基準にはじめてなりました。

 

iPhoneが発売されてから10年たち、10年目でここまで大きいディスプレイに変わったのは初めてのことです。

 

そして、ロック解除が「指紋」から「顔認証」のFaceIDの採用となりました。

FaceIDになり、顔をパスワードにすることが可能となったのです。

 

指紋が5万回に1回としたら、顔は100万回に1回しか認証の誤りはないと言われています。

それだけでも、指紋より顔の方が精度が高いのがお解りいただけると思います。

 

 

指紋IDですと、寝ている間にロックを解除されてしまうリスクがありますが、顔はその点安心です。

 

そして、iPhoneXの特徴としてもう一点。

フロントカメラでもポートレートモードが使えるということ。

 

これによって、自撮りの性能が高くなりました。

ポートレートとは、一眼レフで撮ったような背景をぼかした写真を撮れるという機能のことです。

 

ポートレート機能はそれ以外にも、プロ並みの照明エフェクトが当てられる、ポートレートライティング機能も搭載していますので、今流行りのインスタ映えが可能です。

 

そして、ワイヤレス充電という点もiPhoneXの特徴の一つとし挙げられます。

今までですと充電器のコードが絡まって、というストレスがあったかもしれませんが、iPhoneXではワイヤレス充電機能を備えています。

 

また、嬉しいことに、バッテリー駆動時間がiPhone7より最大2時間持つようになりました。

これは新しいパフォーマンスコントローラーと、バッテリー設計によって可能になりました。

 

iPhoneXは、このようにだいぶ改良されました。

iPhoneXPlusではiPhoneXと比べて、何が新しい機能なのか?

ということに関しては、今のところディスプレイが大きくなることだけのようです。

スポンサーリンク

デザインはマーティン・ハジェクが担当

デザインに関しては、オランダに住んでいるマーティン・ハジェクさんというiPhoneのデザインを担当してきた方がいらっしゃいます。

 

マーティン・ハジェクさんは、これまでもApple製品のクオリティの高いコンセプトデザインを数多く発表してきました。

そして、いよいよiPhoneXPlusのコンセプトデザインを公開しました。

 

iPhoneXPlusの発売日や予約開始はいつ?

 

iPhoneXPlusとiPhoneXは大きさだけを改良するなら、2018年3月の発売が望ましいと言われています。

ただ、大幅な改良がされる場合は、9月の発表で他に2機種が予定されていると噂されています。

 

他の2機種は大きさのスペックを下げるiPhoneXと同じ大きさで、次の後継新型機を求める声があります。

 

iPhoneXでの使い方によっては、画僧の焼き付きを起こすという問題があったことも、有機ELディスプレイにしたことで値段が上がりました。

iPhoneXPlusでは液晶のディスプレイに戻すという話しがあります。

 

そんなiPhoneXPlusの予約開始日については、次のような予測が出来ます。

 

去年のiPhone8の時が、

予約開始日が9月15日

販売開始日が9月22日

でしたので、iPhoneXPlusも2018年9月中旬になると予測されています。

 

気になるのは発売日もですが、やはり値段も気になりますよね?

 

去年のiPhoneXは

64GB ⇒ 112.800円

256GB ⇒ 129.800円

でした。

 

この値段には性能はいいけど高すぎるとの声が多く寄せられました。

では、iPhoneXPlusの値段を下げるには、どのような工夫が必要なのでしょう?

 

・有機ELディスプレイから液晶ディスプレイに戻す

・背面パネルにガラスではなく、ポリカ―ボネットを採用する

(これによって落下衝撃が強くなる)

 

これが改善されたとして、iPhoneXPlusは高くて9万円台だと予測されています。

 

それではここで、iPhoneXではこんなことが不便だったので、iPhoneXPlusでは改善して欲しい点を、他にも挙げてみます。

 

FaceIDの問題点

マスクをつけている時などの顔認証の時は、いちいち取らなくてはならない。

また、テーブルの上に置いている状態で、指紋認証はすぐ出来ますが、顔認証では、わざわざ顔を近づける必要がある。

などの、制限条件があるので、指紋でもいいのでは?

と見直されています。

 

重さ

iPhoneXは5.4インチですが、本体が重く片手では操作がしずらいという面があります。

またiPhoneXは背面にガラスを使用しているので、落下して割れる可能性があり、ケースが必要でした。

プラスケースの重さが加わって、余計重たい点がマイナスです。

 

バッテリー残量の表示

今までは画面がついたら電池残量が分かるようになっていましたが、iPhoneXではいちいちロックを解除して、コントロールセンターを開くという手間がかかりました。

充電はある意味命より大事だと思う人もいますので、これは問題点でした。

 

iPhoneXでは使えないアプリがある

iPhoneXではホームボタンがなくなったので、アプリやゲームでは不具合がありました。

一番の悩みとしてはInstagramです。

今増えているインスタでは、画面のサイズ上縦に伸びて見えてしまうというクレームが多かったです。

 

これらの点を踏まえて、iPhoneXPlusでは改良されて欲しいという声が大きくあります。

 

まとめ

iPhoneを作る側としても、一進一退しながらも、より便利にしようと努力しているようですが、こっちが良くなるとあっちが不具合、といったことは避けられない弱点かもしれません。

 

ほぼ1年周期で新しいタイプがバージョンアップして出て来ますが、実際追い付けていない人もいるもの事実。

もっと年配者に優しいiPhoneも出て欲しいですね。

 

そして、iPhoneXPlusには期待の声が大きいので、その声に応えるようなグレードアップが求められます。

-話題のネタ

Copyright© さなはるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.