話題のネタ

平昌オリンピックのマスコット販売は東京でもある?通販は完売?

更新日:

毎日、白熱の戦いを見せている平昌オリンピック。

日本選手たちの活躍は、何もメダルを取った選手だけではありません。

 

平昌の寒さは、画面越しにも伝わってきて、選手たちは本領発揮できない環境にありながらも、素晴らしい演技を披露してくれています。

 

平昌オリンピックの間は、テレビから目が離せない人も多いですよね?

一瞬たりとも見逃せない、手に汗握る17日間になることでしょう。

 

そんな平昌オリンピックにはマスコットキャラクターがいることはご存知ですか?

実は、一緒にオリンピックを盛り上げてくれているんですよ。

 

オリンピック公式マスコットについてご紹介します。

マスコットキャラクター関連の商品も多く出ていて、欲しい方もいらっしゃるかと思います。

 

そんな方々に通販での販売状況や、東京で購入出来るのか?

などの店舗情報もお伝えしていきます。

スポンサーリンク

マスコットキャラクターを紹介

平昌オリンピックのマスコットは、白虎のキャラクター「スホラン」と、パラリンピックのマスコット、ツキノワグマのキャラクター「バンダビ」となっています。

それぞれにご紹介していきます。

 

白虎の「スホラン」

白虎は韓国では守護動物として親しまれています。

そして、韓国の神話に多く登場しているんです。

 

「スホラン」という名前も、韓国語で「守護」を意味する”スホ”と、虎を表す”ホンライ”、開催自治体である民謡”旌善アリラン”を組み合わせたものです。

 

挑戦精神や情熱を持ち、守護動物として選手、参加者、観衆を守ってくれるという役割があります。

 

ツキノワグマの「バンダビ」

ツキノワグマも白虎同様、韓国の神話に多く登場し、親しまれています。

 

「バンダビ」という名前は、韓国語でツキノワグマを意味する”バンダルカスムコム”の「パンダ」と、大会を記念する意味の「碑(ビ)」を組み合わせたものです。

 

バンダビとは強い意志と勇気を持ったマスコットキャラクターで、仲間との強い絆を象徴するマスコットとなっています。

 

選手の方たちに自分の限界を超えた活躍が出来るように、応援しているよ、という存在のマスコットです。

 

実は1988年に韓国のソウルで行われた、夏季オリンピック・パラリンピックでも、虎とクマがモチーフとなっていました。

 

当時、それらが人気を得ていたので、今回の平昌オリンピックでも関連付けて、虎とクマをマスコットキャラクターにしたそうです。

 

ただ、虎の「スホラン」と、クマの「バンダビ」が平昌オリンピックのマスコットキャラクターに決まった時は、世間からの評判は悪く、署名活動が行われました。

 

それはどうして?

 

韓国の大人気キャラクター・ポロロにして欲しいとの声が大きかったのです。

ポロロはペンギンがモチーフのキャラクターなので、冬季オリンピックのマスコットとしてはピッタリだという声もありました。

ですが、オリンピックのマスコット選定には、様々な取り決めがあったり、オリンピック後はマスコットの使用権利は、オリンピック委員会のものになるなどの条件があったので、ポロロがマスコットになることは叶いませんでした。

スポンサーリンク

通販は既に完売してる?

 

ポロロ押しだった韓国の方々も、スホランとバンダビがマスコットキャラクターになれば、親しみも生まれ、やはり、マスコットキャラクターですから、全世界の方々からも注目されます。

 

それは、もちろん、日本でも注目されています。

ですから、スホランとバンダビのぬいぐるみを始め、バッグチェーンだったり、キーホルダーなど、瞬く間に売上を伸ばしています。

 

そんなキャラクターグッズを購入するには、韓国へ行くわけにもいきませんし、何と言っても今やネットで買える時代になりました。

 

大手、通販サイトのAmazon、楽天、Yahoo!ショッピングなどでは、キャラクターグッズは今どうなっているのでしょうか?

調べてみました。

 

一番多くグッズを取り扱うと思われるAmazonですが、マスコット人形やハンドヘルとミラーなどがお取り扱いがありました。

出品されてもすぐに完売になってしまうようなので、お早目に購入することをおススメします。

⇒ Amazonでマスコットグッズを探す

 

Yahoo!ショッピングでも、マスコット人形や、キーホルダーの取り扱いがありました。

Amazon同様、すぐに完売の予感がしますので、お早目にどうぞ。

Amazonでは売り切れてしまったグッズもこちらなら見つかるかもしれません。

⇒ Yahoo!ショッピングでオリンピックグッズを探す

 

そして、楽天に至っては、キーホルダーの完売情報が出ていましたが、他のグッズのお取り扱いはないようです。

選手のユニフォームなど、他にはない商品が揃っているショップもありますので、楽天も一応チェックしておくのがおすすめです。

⇒ 楽天でオリンピックグッズを探す

 

東京での販売は?購入できるお店を調査!

大人気のスホランとバンダビですが、東京ならどこかしらで販売しているのでは?

と淡い期待を持っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、スホランとバンダビのキャラクターグッズのお店は、東京でもありません。

目下のところ、通販のみとなっています。

 

公式マスコットオフィシャルショップに関して言えば、韓国国内にしかありません。

 

有名どころでは、ロッテ百貨店などのオンラインストアが可能性ありますが、ロッテ百貨店は韓国国内在住の方でないと、登録、購入が出来ないようです。

 

じゃあ日本で扱っているオンラインショッピングはないのでしょうか?

調べてみたのですが、オンラインショッピングのサイトはヒットしませんでした。

 

やはり、通販サイトAmazon、Yahoo!ショッピングや楽天に頼るしかなさそうですが、そんな中、今現在スホランとバンダビのグッズが買えるところを探してみました。

 

そうしましたら、ヤフーオークションとメルカリなら、お取り扱いがありました!

ただ、値段のこともありますし、ご年配の方にはなかなかヤフーオークションやメルカリには不慣れですよね。

 

ですから、定期の価格で購入出来る販売店は、今の時点はないということになります。

 

まとめ

オリンピックの際に、特別に作られるマスコットキャラクターは、記念になると購入したい方が多いようですね。

 

今回の平昌オリンピックのマスコットキャラクターは、白虎とクマという親しみやすい、可愛らしさのあるマスコットキャラクターです。

 

やはり人気がありすぎて、売り切れ店続出ですが、諦めきれない方には、ヤフーオークションやメルカリなどのオークションサイト、もしくはAmazon、Yahoo!ショッピングで探してみてくださいね!

下記にリンクを用意しておきますが、すぐに売り切れてしまいますので購入するなら早めに確保しておきましょう!

⇒ Amazonでマスコットグッズを探す

⇒ Yahoo!ショッピングでオリンピックグッズを探す

⇒ 楽天でオリンピックグッズを探す

 

オリンピックの感動を動画でもう1度楽しみたいあなたへ

数々のドラマが生まれている平昌オリンピックですが、もう1度その感動を観たいという方も多いのでは?

オリンピックの動画は、U-NEXTで配信されているので見逃した場面も観ることができますよ♪

配信されている動画は、下記の通りです!

  • スピードスケート
  • フィギュアスケート
  • スノーボード
  • カーリング
  • ショートトラック
  • フリースタイル
  • リュージュ
  • アイスホッケー
  • クロスカントリー
  • ジャンプ
  • 開閉会式

これらの種目が配信されています。

1部視聴するのにポイントが必要になる場合もありますが、U-NEXTは登録時に600ポイントもらえるので、そのポイントをうまく使うことで無料で動画視聴することができます!

 

例えば、「羽生君の男子シングルだけが観たい!」という場合は、ポイントだけで視聴することができるのです!

 

登録後は1か月間の無料期間があるので、オリンピック動画を観終わって必要がなければ解約してしまえばお金がかかることは一切ありません。

 

詳しくは、下記のリンクからU-NEXTの公式サイトをチェックしてみてくださいね♪

⇒ オリンピックをもう1度楽しみたい方はこちら

※31日以内に解約すれば、お金は一切かかりません!

 

 

 

 

 

 

 

-話題のネタ

Copyright© さなはるブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.